schermonnikoog 渡り鳥と光害1 (from updateNL)

_DSC0228-k

オランダ国土の北部には、「ワデン諸島」と呼ばれる5つの島が並んでいる。
Schiermonnikoog島(スヒールモニクオーホ)もそのひとつ。
島の大部分が国立公園で、オランダ本土からは船で約45分。
島民以外は島に車を持ち込めない。
長さ17km、幅4km、人口約1000人。
観光が主産業の、小さな島だ。

_DSC0301-k

ワデン諸島とオランダ本土との間には、ワデン海と呼ばれる海が広がっている。
つまり島々は、北海とワデン海に挟まれていることになる。

このワデン海は、潮差が大きく1日のうちに海になったり陸になったりする「潮間帯」。
潮間帯は生命の宝庫でもある。

満ち潮が北海の海水と共に海底の沈殿物やプランクトンをワデン海に運び、それらの豊富な養分を砂の中に残していく。
海も浅いため夏には急激に水温があがり、藻類や海草類も早く成長する。
こんな環境が、魚や水鳥、アザラシの生態系を支える好条件となり一帯は生物多様性が高い。
2009年には、ワデン海一帯が世界遺産に登録された。

_DSC0352-k

潮が引くとアザラシが砂地に寝そべる姿が。
このへんにいるアザラシは、「ゼニガタアザラシ」や「ハイイロアザラシ」という種類。

_DSC0041-k

ワデン海の島々は、渡り鳥の中継地点でもある。
北ヨーロッパやシベリアと、南ヨーロッパやアフリカを渡る鳥たちがこの一帯で休息をとり、栄養補給した後に目的地へと飛び立つ。
これらの島々は鳥の繁殖地でもある。
住み着いてしまう鳥たちもたくさんいるらしい。
とにかく、いつ来ても、どこを見ても、たくさんの鳥がいる。
スヒールモニクオーホ島の住人たちは、
鳥の渡りで季節の移り変わりを感じとっているようだ。

_DSC8993-k

高い建物もなく、見渡す限り平坦なこの島は、
空がとても広い。

続く→