The empty chair by Maarten Baas (from updateNL)

This slideshow requires JavaScript.

6月6日、デン・ハーグのランゲ・フォールハウトで、中国のアーティストたちの作品を集めた展覧会「空の下のデン・ハーグ」(Den Haag onder de Hemel)がその幕を開けた。会場となっているギャラリー「プルクリ・スタジオ」、そしてその前の広場には、たくさんの中国アートの傑作が並んだ。6日のオフィシャル・オープニングには中国大使も列席し、中国とオランダの深い文化交流を祝福したようだ。

一般公開は翌日の7日から。新聞等でさまざまな前評判があったので早速見学に行ってみる。

話かわって、「国際人権救援機構」の名で知られるNGO「アムネスティ・インターナショナル」(以下A・I)が今年設立50周年を迎えた。A・Iは、芸術家アイ・ウェイウェイを逮捕拘束するなど中国政府の人権に対する倫理に厳しい批判の目を向けている。

このA・Iが、オランダの先鋭デザイナー、マールテン・バースにある作品の制作を依頼していた。
それは、昨年のノーベル平和賞を受賞した中国人著作家リウ・シャオポーに敬意を表する作品で、タイトルは「ジ・エンプティ・チェア」。ノーベル賞授賞式の日、投獄中のため出席できなかったリウ・シャオポーのために用意された席が空席のままだったことからインスピレーションを得た作品だ。

座面から高く延びていく背もたれが、まるで自由へ向かうはしごのようだ。バースらしい奔放でダイレクトな造形が、あやうさと力強さを同時に表現しているようにも見えた。
A・Iはこの作品を、中国の芸術家やジャーナリスト、活動家、そして彼らを守ろうとする弁護士たちの人権が政府によって蹂躙されていることの象徴とし、中国における人権擁護のアイコンとしようとした。

この作品もまた、6月6日から「空の下のデン・ハーグ」展オフィシャルオープニングの会場である、ギャラリー「プルクリ・スタジオ」に展示される予定だった。

ところが、中国大使が参列したオフィシャル・オープニングの日、ギャラリーに「ジ・エンプティ・チェア」の姿はなかった。理由はもちろん、中国とオランダとの「友好」に波風を立てないためだ。
しかし逆にこの作品の不在は各方面で何度も報道されて、ちょっとしたニュースとなった。

6月7日、会場には何人かのカメラマンが来ていた。私たちがまず目指したのは、「ジ・エンプティ・チェア」だ。順番に、この作品の写真を撮った。
それぞれの写真がどこかのメディアで紹介されて、この作品がオープニングで展示されなかったことを伝えるのだ。

周りのカメラマンたちに「中国人か?」と聞かれた。
「違う」というとみんな残念そうにした。
果たしてこの作品を、中国で紹介することは可能なのだろうか?中国でも人気のあるマールテン・バースだが、この作品はどれくらい知られているだろう?

アイ・ウェイウェイは、4月3日に北京空港で拘束されて以来、所在が明らかにされていないらしい。
リウ・シャオボーは、国家政権転覆扇動罪で懲役11年。
現在も服役中だ。