Noordwijk (from update-NL)

 

オランダでは(オランダだけではないだろうけれど)12月25日を第一クリスマスデー、26日を第二クリスマスデーと言う。
ある統計によると、最も多くのオランダ人が「自分は幸せだ」と感じる日がクリスマスなのだそう。
その理由は、「家族が集まって食事ができるから」。
また家族が集まれたことに感謝しつつ、「今年もそろそろ終わるね」としめくるる日なのである。
12月26日、ノールドワイクの海岸へドライブ。
今年は、東日本大震災、福島原発事故、「アラブの春」、ノルウェーでの銃乱射事件ほか、
生涯決して忘れることのない大きな出来事が多かった年。
ニュースを見ては絶句しながらも、自分にできることをひとつずつやっていこうと心に決めた年。
そう決めるように人の心を動かす、強い「時代の空気」が気流を成して伝播した年だった。
月並みではあるけれど、ノールドワイクの美しい夕日を見ながら、平安な共同体の中で生きることが、どれほど幸せなことかを再認識した第二クリスマスデーだった。