安楽死クリニック、活動開始 (from update NL)

世界初の「安楽死クリニック」が、3月1日に活動を開始する。

世界に先駆けて安楽死を合法化したオランダ。
だが、安楽死の執行は医師の「義務」ではないことから、安楽死法に定められた条件をクリアした患者が希望しても、必ず安楽死できるとは限らない。
年間約1万件の「依頼」がなされ、このうち実際に安楽死できるのは全体の三分の一。
宗教的背景ほかさまざまな理由から、安楽死執行を拒否する医師は多い。
そんな状況を受けて、NVVE(オランダ安楽死協会)が行った調査の結果、重い持病を持つ人、重症の精神疾患で生きることが耐えがたく苦痛である人、アルツハイマーの症状が現れた人など、不治の病を抱えながらも余命の短さを特定できない々にとって、安楽死はより困難であるケースが多いことがわかった。
そんな状況にある相当数の人々が、勇敢な家族の力を借りて、あるいは電車に飛び込むなど無関係の他人を巻き込む形で、または遺族にとって非常に辛い方法で自殺を遂げているという。
こんな人々に、尊厳死を実現する方法を模索した末生まれたのが、安楽死クリニックだ。

安楽死クリニック、活動開始

精神病院の個室で自殺した娘を持つ老婦人は、「娘は、ビニール袋を頭からかぶって首をベルトでしばり、部屋にロックをかけて、ぬいぐるみを抱きかかえて自殺しました。彼女がもう生き続けることができないことは、誰の目にもあきらかでした。もしあのときに安楽死クリニックがあれば、あんな寂しい死に方をしなくてもすんだはず。私たち家族に囲まれて、人間として尊厳のある死を遂げられたと思います」という。著名な脳神経科医は、「受精して、誕生するという人間の存在を決定する段階で、私たちは自分の意志を反映する術を持たない。それが死に際してまでも続かないように、私は自分の脳のボスでありたい」と、このクリニックを支持している。
一方、このクリニックに異議を唱える医師団体も多い。その理由は、「正しいプロセスを踏めば、患者とつきあいが長く信頼関係もあるホームドクターたちが安楽死を執行することができる。医師として一つの治療法(この場合安楽死)にフォーカスせず、他の可能性を探り続けるのは重要」などだ。
同時に、いざという時点になって、自分のホームドクターが安楽死を執行しない主義であることを知り戸惑うことのないように、安楽死を自分の死に方の一つと定義している人は、ホームドクターを選ぶ段階でこの点を早めに確認しておくことが重要、とアドバイスもしている。

「尊厳死」

安楽死を執行する・・

このクリニックでは、オランダが法で定める安楽死法に則ってプロセスが進む。
申し込みができるのは、オランダに居住し、オランダの健康保険に加入している人。
この条件を満たす外国人は、医師団と十分なコミュニケートをとれる語学力があることも条件だ。
厳しい医療諸条件をクリアし、長いプロセスを経て死以外の方法はないことが安楽死法に則って承認されると、3日間かけて安楽死の準備をすると言う。
精神科医、ソーシャルワーカーなど、必要なサポートを受けることができる他、クリニックまたは自宅と場所も選べるようだが、当面はスタッフが出向く形をとる様子だ。
同クリニックでは、年間約1000人の申し込みを予想している。

オランダ人気質が生み出すもの

「世界は神が創造したが、オランダはオランダ人が創造した」という言葉が表すオランダ人気質。
それは、妊娠中絶法によって女性に社会的解放をもたらし、安楽死法によって究極の人権をもたらしたけれど、運命任せであるはずの「命」のあり方に、政治(あるいは人間)がここまで介入して良いのかという論争は、今でも続いている。
「全ては神の思し召し」という宗教的ドグマが、必ずしも人を幸せにするとは限らないことは誰もが知っていても、それに逆らう制度をつくるとなれば、タブーを打ち破る強靱なパワーが必要だ。
しかしオランダ的な「究極の実利主義」は、真の公的実利のためなら労力と困難を惜しまない上、そうする方が結果的に効率(個人や共同体の満足度にもかかわる)がよいと彼らは確信している。
隣国ベルギーの人々は「自信過剰」と描写するオランダ人気質だが、それがこの国の「革新性」を支えているのは事実だ。