「手紙を読む青衣の女」、日本より帰国 (from update NL)

shapeimage_1

昨年の6月から今年3月14日まで日本に貸し出されていたフェルメールの名作「手紙を読む青衣の女」が、アムステルダム国立美術館の展示会場に戻ってきた。
2010年に1年がかりの大修復を行ったこの名作はその直後に日本に貸し出されており、オランダでは修復後初めての展示となる。
そのお披露目会で館長は「当美術館では、たった34点しかないフェルメールの絵のうち4点を所蔵しています。{手紙を読む青衣の女}の修復は、私たちの夢でした。さまざまな事情から、修復後初の展覧会は日本で行いましたが、今ようやく我が家に戻り、オランダのファンにも生まれ変わった姿をご披露できます」と挨拶した。

その後、主任として修復に当たったイヘ・フェルスライプさん(写真)が、修復のプロセスや発見について説明した。
「フェルメールと言えば青。一言で青と言っても、微妙な色の違いから、豊かな表情を呈しています。多くの人が、フェルメールはさぞ多くの{青}を駆使したのだろうと考えますが、彼が使ったのは一種類の青のみ。では、なぜこれほど豊かで繊細な表現ができたのでしょう?その秘密は、青の下地に使われている緑にあります。今回の修復では、その緑の使い方や色合いが、青の表情に大きく反映されている様子が詳しくわかりました」と、目を輝かせながら発見の一例を説明する

combi

左が修復前、右が修復後

IRR sk-c-251k

赤外線写真

左下の写真は左が修復前、右が修復後。その下は赤外線写真。絵がどのように描き直されていったかがわかる。
この絵は、これまでに何度か修復されている。赤外線写真には、絵の下部に傷みが黒く写し出されている。これはかつての修復の際に、アイロンのようなもので熱を加えたために受けた損傷だそう。今回の修復では、この傷跡も絵から消えた。過去の修復で変更されたディテールも今回元の姿に。イスの脚の形などがその一例だ。

「どんなに多くの文献を調査しても、多くの専門家たちと論議しても、{わからないこと}を皆無にすることはできません。私たちは、自分たちの{解釈}を信じて修復をするのです」とイヘさんは言う。そして、「今、フェルメールがこの絵を見たら一体なんて言うかしら・・・私は、よくそんなことを考えます」と続けた。描かれてから350年以上たったこの名作。どんなに修復技術が進んでも、「これで完成」と筆を置いた瞬間のフェルメールの意図、その時の絵の状態は、今の私たちにはもうわからないのだ。

それぞれの時代の修復家たちが、「最善」と信じて行ってきた修復作業。だが、最新の技術を持って過去を振り返れば、誤りは多く、絵を傷めてもいる。「当時の修復家たちはみな、よかれと思ってやったこと」とイヘさん。まるで、出せないと分かっている「正解」を追求し続けるかのようでもある。「フェルメールはどう思うか?」というイヘさんの問いかけは、この絵の修復を手がけた歴代全ての修復家たちの問いかけでもあっただろう。
今回の修復でイヘさんにとっての最大の発見は、「青衣の影の部分の輪郭が、まるでうっすらと青く発光しているように見えるところ。これは、変色したニスを除去したことで浮き上がった光です」。

_DSC8121k_DSC8160k
現在、国立美術館が所蔵する4枚のフェルメールのうち1点がトルコに貸し出されているが、残った3枚が並べて展示されている。
もうすぐ、デンハーグのマウリッツハウス美術館が所蔵するフェルメールの傑作、「真珠の耳飾りの少女」も日本で公開されるので、こちらもお見逃しなく。