クンストハル美術館から、7点の名画が盗まれる

This slideshow requires JavaScript.


10月16日午前3時頃、ロッテルダムにあるクンストハル美術館から7点の名画が盗まれた。

盗まれた絵画は:
パブロ・ピカソ Tête d’Arlequin’ (1971)
ヘンリ・マティス La Liseuse en Blanc et Jaune (1919)
クロード・モネ  Charing Cross Bridge, London (1901)
Waterloo Bridge, London (1901)
ポール・ゴーギャン Femme devant une fenêtre ouverte, dite la Fiancée  (1988)
メイヤー・デ・ハーン Autoportrait (circa 1889 – ’91)
ルシアン・フロイド Woman with Eyes Closed (2002)
クンストハル美術館のオープン20周年記念を祝って開催されている特別展「アバンギャルド」からの作品で、全て個人蔵だ。盗まれた作品の想定総額は、5千万ユーロ〜1億ユーロ程度とも言われている。

この7点の画像は、ニュースやネットで拡散された。

クンストハルは独自のコレクションを持たず、特別企画展のみを開催するユニークな美術館だ。そして建築の設計デザインは世界的に有名な建築家レム・コールハースによるもので、氏の代表作の一つでもある。
斬新な建築だけではなく、都市計画的な見地からも傑作と言われるクンストハルは、正面を通る大通りと背後に広がる公園の接合点でもあり、高低差のある「通り」と「公園」という都市の構成要素をつなぐ役割も果たしている。
背後の公園は、夜中は人通りが全くなく、高低差により建物の側面は通りからは見えにくい。

このような盗品は、世界的な権威機関によってレジスターされ、アート市場で売ることはできない。
では、泥棒の目的は何か?
警察は、「闇組織からの発注」の可能性を否定していないようだが、
闇市場に詳しい関係者によると、いわゆる「絵画の身代金」が目当てなのでは、とのこと。
身代金目当ての場合は、保険会社とのやりとりの結果作品が戻ってくることがあるが、
闇に埋もれていく場合には作品が再び姿を見せることはない。「このような場合には、名画は放置されたり処分されたりすることもあると考えられている」と専門家は懸念している。
盗まれた名作が再び「地上」に戻る確立は3割から4割ほど。そして統計的に平均7年を要しているという。

泥棒が入った時には、館内には警備人や24時間体勢で監視カメラをチェックするスタッフはおらず、警報システムが設置されていたのみとのことだが、同美術館側は「今展示のセキュリティーは、これで十分であると保険会社などとも検討した結果だ」と語っている。

主要な美術館の警備を手がけてきた専門家は、「絶対に泥棒が入れない美術館をつくるのは、現実的に不可能だ。例え、そのような美術館をつくることが出来たとしても、それは来観客にとって全く魅力のない空間となるだろう」とニュース番組などで語った。
ただ、今回のような名画を展示するのなら、「オープンストラクチャーの建築の広々とした空間に、作品をずらりと並べる方法は好ましくない。万が一泥棒が館内に侵入した場合に備えて、作品に到達するまでにいくつもの警備システムの壁を作っておくとか、特に最高傑作と呼ばれるような作品は別の空間に展示するなどして、侵入後にアクセスできる作品数を限定する対策等が必要だったのでは?」と言う。

警察はいくつかの目撃者による証言を入手したとのことで、今後の捜査の有効な決め手になれば、と期待を寄せている様子だ。

10月17日、クンストハル美術館は、通常通りに開館している。

Text & Photos of Kunsthal © studiofrog 2010~2012