シンタクラースがやって来た!

毎年、この時期になるとやってくる、子供達のスーパーヒーロー「シンタクラース」。
今年は先週の土曜日にオランダに到着、そして日曜日にアムステルダムにやってきた。
シンタクラース(またはセントニコラース)は、ズワルトピットというくろぬりした家来を602人引き連れ、毎年蒸気船でスペインからやってくる。そして「シンタクラース祭」の12月5日に国中のよい子たちにプレゼントを配り、またスペインへと帰っていく。

実はこのシンタクラースこそ、サンタクロースの起源だという説がある。

シンタクラースのモデルは、4世紀頃、トルコのミュラという街にいた聖人ニコラースだと言われている。司教であったニコラースは、その奇跡の偉業の数々から聖人となり、その命日である12月6日が祭られるようになった。主に東ヨーロッパで行われていたこの祭りは、13世紀になるとオランダにも伝わった。そして15世紀頃になると、聖人の命日の前日、12月5日を「シンタクラースの日」として盛大に祝うようになり、同時に暖炉の前に置いた靴の中にプレゼントを入れてもらうという風習が広まったと言われている。オランダ人にとってとても大切な行事となり、17世紀にニューヨークへ移住していったオランダ人たちも、アメリカでシンタクラースを祝い続けていた。
これがいつしかサンタクロースにかわり、祝う日も12月25日になったらしい。

サンタはトナカイに乗ってやってくるけれど、シンタクラースの乗り物は、アメリコという名の白馬。日曜日は、朝10時頃から2時間ほどかけて、シンタクラースと大勢のズワルトピットを載せた蒸気船が街の運河を練り周り、海洋博物館で上陸。市長からの歓迎の言葉を受けたあと、アメリコにのって街を行進。夕方4時頃、ライチェ広場にある市立劇場のテラスから、アムステルダム中の子供達に「いい子でいるように」と語りかけ、この日のパレードは終了した。
これから12月5日まで、国中がシンタクラースムードで盛り上がる。店や街頭だけではなく、職場や学校にもシンタクラースとズワルトピットが現れる。オランダの国営放送では、「シンタクラース・ジャーナル」という子供向けの番組が毎晩放映され、国中の子供達のプレゼントを用意する忙しいシンタクラースや、時には大失敗をしてシンタクラースに怒られてしまうズワルトピットたちの様子を紹介する。

8才になる私の息子は、去年、シンタクラースが「ただのおじさん」であることに気がついてしまった。だが「そう言うとパパとママががっかりすると思って」去年は気づかないふりをしてくれていたのだ、と今年告白された。オランダ人の親は、子供がシンタクラースを信じなくなる時期を、成長のひとつの節目として見ている。たいていは6才か7才くらいだろう。
モンテソリの小学校に通う息子のクラスは、3学年(6〜8才)の子供達で形成されている。ある時、8才の女の子が教室の中で「シンタクラースなんていないよ〜」という発言をした時、担任の先生が8才の子供達全員を集めてミーティング。「小さな子供達に、シンタクラースの秘密をばらしてしまうのはとてもいけないこと。君たちが心からシンタクラースを信じていた時のことを思い出し、ちゃんと話を合わせてあげるのがお兄さん、お姉さんとしての役目」と説明があったらしい。

シンタクラース祭の夜に交換するプレゼントには、その相手にまつわる愉快なエピソードをうたった詩を添える習慣があることから、高学年の小学生たちは、より面白く、美しく韻を踏む詩の作り方を学ぶ。
たかが詩、されど詩。オランダ人はいくつになっても、とても真剣にシンタクラースの詩を作る。詩を考えるのが苦手な人のために、特別なサイトも設立されるし、相手の情報を元に詩を作ってくれる学生アルバイトなどもあるという。
こうして、真剣に考え抜いた詩で家族の笑いをとる。だからシンタクラース祭は盛り上がるのだ。

息子はもう、シンタクラースの秘密を知ってしまったので、今までのようにあの手この手でウソをつく必要はない。
今年は、家族でじっくりと「詩づくり」に挑戦してみようと思う。
もしかすると学生アルバイトに頼ってしまうかもしれないけれど・・・・

<追伸>
スライドショーの中に、ひっくり返ったような傘を持っている男の子が写っている。
ズワルトピットたちが、パレードの時に「ペーパーノーテン」という小さなクッキーをばらまきながら行進するので、この傘でクッキーをゲットしようというもの。
初めて見た。

スライドショーには JavaScript が必要です。

photo's (c) studio frog