ヨーリス・ライエンダイクの金融の話

_DSC0592k

この元旦、ひじょうに興味深いドキュメンタリーを見た。

ヨーリス・ライエンダイクというオランダ人ジャーナリストが案内役をつとめる、「バンカーの脳」と題したドキュメンタリーだ。
ライエンダイクは大好きなジャーナリストの一人。アラビア語や宗教人類学を学び、しばらく中東の特派員をつとめていた。彼の著書「こうして世界は誤解する」は、日本語訳も出ている。
現在はベースをロンドンに移し、ガーディアン紙で「THE JORIS LUYENDIJK BANKINGBLOG」というひじょーにユニークな金融のブログを書いている。「僕は金融経済の素人。だから読者と一緒にその世界を掘り下げていく過程をブログで紹介する」というのがコンセプト。すでに1年半書き進められているこのブログでは、金融業に携わる人々や、かつてその業界で活躍していた人々の(匿名)インタビューなどが多く紹介され、閉鎖的な業界の内情を垣間見ることのできる斬新なジャーナルとして脚光を浴びている。

番組の中では、金融業界での体験談を暴露する元バンカーの作家、かつてゴールドマン・サックスやドイチェバンクで働いていた金融業専門の脳神経学者、ロンドンでマネージャークラスのバンカーたちをクライアントとする心理カウンセラーも出演し、バンカーという特殊な”人種”やそのメンタリティー、業界カルチャーを描き出している。

先頃イギリス政府の銀行制度改革案に関する報告書を発表したイギリス議会の銀行規範委員会は、ボルカー元米FRB議長はじめ多くの証人を招待して情報を収集した。ライエンダイクも、ブログが評価されて「異なるアングルから銀行業界をみる人類学者、ジャーナリスト」として招待され、興味深いビジョンを語った

番組の中では、ロンドンの取引市場で活躍するバンカーのトップに精神病質の人の割合が高いことにも言及している。大量のテストステロンを分泌する勝負師的な体質の人に適性がある業種で、仕事の形態や業界のカルチャーからその特徴は暴走し、しまいには根拠のない万能感を持ち、尋常でないリスクを伴う取引をするケースが日常茶飯事だという。ライエンダイクは、「自分が神として機能していると心から信じているトップも多い。そして世界中の人々が”この僕”になりたいと願っているという優越感を持っている」と、これまでにインタビューをしてきた人々の言葉を思い浮かべるように語った。
ちょっとびっくりな見解と思ったけれど、銀行規範委員会もメンバーもこのメンタリティーには着目していて、その原因や背景についてライエンダイクの意見を求めていた。

「経済危機から5年たった今でも、その被害はまだ把握しきれていない。奇妙なのは、この危機を巻き起こした当事者たちについて、我々はほとんど何も知らないということだ。そこで、ヨーリス・ライエンダイクを案内役に、世界金融の心臓部”ロンドン・シティー”を探索してみよう」という出だしで番組は始まる。
そして「法則を破るバンカーがいることは問題だ。だが最大の問題は、その法則自体にある。普通に考えれば、2008年にあれだけの世界不況を巻き起こした当事者たちは、牢獄に繋がれてしかるべき。だが誰も裁かれてはいないということは、彼らが従っている法則自体が間違っていると考えるしかない」と、業界全体の問題を提議。個々のバンカーたちの「勝負」や「スリル」に対する中毒的な欲求が業界全体を動かす業界カルチャーについては「敵を殺せば大きな報酬が得られ、その過程で間違って一般市民を殺してしまっても”大丈夫。他の誰かがケアしてくれる”程度に考える異常な軍隊のよう。敵地一面に手榴弾をカーペットのように敷き詰めることも厭わない・・<中略>・・・地獄のないカトリシズムに似ている(銀行規範委員会のインタビューのビデオより)」とライエンダイクは強い表現で描写する。

「精神病質のトップバンカーたちが、考えれば危険すぎるとわかっているリスクをおかした結果あの経済破綻が起こった。世界中で甚大な被害を出したにもかかわらず、当事者のバンカーたちは、今でも自分の利益を追求し、スリリングな取引市場の最先端で活躍している(あるいは自殺している)・・・・」という、無知な一視聴者(もちろん私のこと)としての番組の印象は、放映内容を半分しか信じないことに決めたとしてもかわらないだろう。
金融業界の人々はこの番組をどう見ただろう?それも気になるところだ。

とにかく私は知識が乏しすぎてライエンダイクの洞察を消化しきれてはいないのだけれど、これを機会にもう少し経済について学んでみようと思う。

ps
写真は、年末のキンデルダイク。世界遺産の風車群は、私の背後にずらりと並んでいる。

photo (c) studio frog