着衣水泳

This slideshow requires JavaScript.

昨年の春、水泳検定の最初のステップA検定」をクリアした息子が、この度「C検定」に挑戦。

これは、国の水泳施設組合による子供のための正式な水泳検定で、A,B,Cの順にハードルが高くなる。そしてC検定をクリアすると、水中でおこるたいていの一般的な状況に対応できる技能を取得すると言われている。

C検定では、平泳ぎ、背泳ぎ、クロール、そして潜水もできなければならないのだが、日本人の私にとって一番の驚きは、何と言っても着衣水泳のテストだ。半袖、半ズボン、ウォーターシューズという軽装で良かった検定Aの着衣水泳は、検定Bでは長袖、長ズボンにスニーカーに。そしてCになると、その上に厚手のウィンブレーカーのような上着を着なければならない。そして、前屈みの状態で半回転しながら飛び込み、背中から着水。その後30秒の立ち泳ぎ、60秒仰向けに浮かび、50mの平泳ぎと背泳ぎ。そのコース上に浮かべられたマットの下を潜ったり、よじ登って乗り越えたりもする。顔を水につけないように飛び込むテストもある。
息子が通うプールでは、これらの飛び込みのテストは水深2m以上のところで行い、水から上がる時にははしごを使わずにプールサイドによじ登ってこなければならない。

「着衣水泳」と日本語でググってみると、Wikipediaにも項目があった。「運河の多いオランダやイギリス、オーストラリアなどでは、護身術としての着衣水泳の教育が、競泳よりも重視されている」とある。

頑張ってC検定まで辿り着いた子供達の、水中での落ち着きぶりが頼もしく見えた。

(C) studio frog