安楽死と認知症

_DSC4282_DxOFP-k
少し前に、友人のお父様が病気のため亡くなった。

かねてから、いざという折には安楽死ができるようにと、万全の準備をしていた人だった。
けれども実際にその「時」が訪れた時、彼の意識はすでに朦朧としていて、医師に対して「死にたい」という意思表示ができなかったため、安楽死は実現されなかった。常々安楽死を選択肢と決めていても、「その時」に、死を望む意思を再度声明できなければいけないと条件づけられているのである。

世界に先駆けて、2001年4月に制定されたオランダの安楽死法。
それは、患者本人が安楽死を希望していること、耐えがたい苦痛を抱え、病状に改善の見込みがないこと、かかりつけのホームドクターの他に、別の医者も客観的判断から安楽死以外に方法がないことを認めることなど、さまざまな条件が満たされる場合に安楽死を実施できると定めている。

認知症と安楽死

先日放映されたZEMBLAというドキュメンタリー番組が、認知症と安楽死の問題を取り上げた。現在オランダには、推定約25万人の認知症患者がおり、その数は、2040年には50万人に増加すると想定されている。多くの高齢者が認知症になることを恐れていて、「自分の子供のことすらわからなくなってしまったら、その時は安楽死したい」と願っているという。そのため多くの人々が、その意志を安楽死声明書に残して、いざという時には医師の力を借りて安楽死ができるようにと準備している。ところが現状では、意識がしっかりしている間にどれだけ万全の用意をして「認知症が進行したら安楽死したい」とホームドクターや家族に伝えておいても、認知症中期、後期の患者に安楽死を施す医者はいないというのだ。長年患者の意志を聞き続けてきた家族にとっては、非常に辛い状況である。

早すぎる死を選ぶしかないというジレンマ

番組は、認知症と安楽死を巡る、厳しく辛い現実を浮き彫りにする。

「医者が患者を”殺す”時、それが本当に患者の意志であることを、我々は再確認できなければならない。安楽死の瞬間に、死にたいという気持ちにかわりがないことを再度表明できないほど認知症が進行してしまった患者は、安楽死はできないのだ」。そう語る医師のベルト・カイザーは、「認知症は、初期の段階ならば安楽死ができる。例えば、判断ができなくなってしまうタイミングを仮に12:00とすると、安楽死は11:55までに決行しなければならない。そのタイミングを逃したら、もう手遅れなのだ。だから医者はそれを患者にしっかり説明し、”今ならまだ間に合う。よく考えて”と忠告し続けなればならない」と冷静に説明する。
2010年、オランダでは25人の認知症患者が安楽死した。彼らは全員、かつて残しておいた安楽死声明の意志に変わりがないことを、再度医師に伝えることができる初期の患者だった。
認知症後期の患者を妻に持つ男性は、「妻は、認知症になったら安楽死したいという声明書を残していた。だが、進行してしまったら手遅れになるとは考えていなかった」と言う。そして「11:55の段階では、大変なことも多かったけれど、まだまだ楽しいこともたくさんあった。一緒にコンサートに行ったり、話をしたりもできた。その時点で安楽死を決行しなければ手遅れになることを例え知っていたとしても、それを選ぶことは私たちには出来なかった」と続けた。この男性のように、残された5分にこめられた人生のクオリティーを、みすみす放棄したくはないと考える人は多い。
「オランダ自由意志の死協会」の会長、ペトラ・デ・ヨングの言葉を借りれば、現状では認知症患者が医師の力を借りて安楽死をしたいと願う場合、「”早すぎる死”を選ぶしかない」というのだ。

安楽死法

安楽死法が導入された時に健康保健大臣だったエルス・ボルストは、この現状を否定的に見ていると言う。自身も医者であった彼女はこう説明する:「安楽死法は、認知症の人にも適応できる。そして、”認知症が進行してしまったら安楽死を望む”と、事前に書面で声明していた人に対しては、死にたいという意志を再度表明できなくなっても、医師が安楽死を実施できるような条項が加えられている。安楽死は、医師にとっても義務ではないため、意識のなくなった人に対して行うのは避けたいという見解は理解できる。だが、法を、ある職業グループが独自に解釈するということはあってはならないし、強い意志を持って法と向き合う医師が増えることで、理解が深まることを願っている」。つまり法的には、認知症後期の患者も、安楽死はできることになっているのだ。

「12時過ぎ」の安楽死

2011年の春、「12時すぎ」の認知症患者に初めて安楽死が適応され、大きな論争を巻き起こした。この患者は、しっかりとした意識の中で書類を整え、ホームドクターや関わった医療関係者、家族に、幾度となくその意志が尊重されるように確認をしていたという。このケースに関わった医師、コンスタンス・デ・フリスもインタビューに応えた。「あれだけしっかりと準備をしていた人に対して安楽死を施さないのは、非人間的であった」としつつ、「安楽死声明書にサインをすることは第一歩にすぎない。認知症が進行してしまった時には必ず安楽死をしたいと、繰り返しホームドクターと話し合っておくことが大切だ」と強調する。

最後の1分まで生き抜いた後で

ひとことで安楽死といっても、さまざまなケースがある。そう考えれば、このようなジレンマを安楽死法の中から消し去ることは決してできないだろうと思う。安楽死が、それを施す医師にとっては「患者を殺すこと」になる以上、法的にだけではなく、人道的にも真に「患者を助けること」であるように手を尽くしたいと考えるのはよくわかる。安楽死は行わないと声明する医者がいることも理解できる。
一方、認知症患者にとっては、安楽死は、人生最後の1分1秒までを生き抜いたあとの選択であってほしい。
そのためには、(将来の)患者が万全の情報収集と準備をしておくことが必要不可欠であるとこの番組は人々に訴え、大きな反響を呼んだ。

photo. (c) studio frog