アムステルダム国立美術館オープン間近 その1

Rijksmuseum

10年間の改築工事を終え、アムステルダム国立美術館が4月13日にいよいよリニューアルオープンする。
それに先駆けて、先週、プレスプレビューということで世界各国のメディアが集まり、館内を一足先に見学し、撮影した。
ヨーロッパや北欧各国をはじめ、アジア、アメリカからも興味津々のメディア関係者たちが駆けつけ、リニューアルオープンに対する関心の高さを物語った。
美術館には、館長(上写真左から2番目)始め、コレクションの主任(上写真右から3番目)、美術館の建築家(右から2番目)、内装・展示設計者、文部大臣などが勢揃いし、インタビューに応えていた。

アムステルダム国立美術館は、芸術を展示する美術館であるだけではなく、オランダの歴史を語る博物館でもある。そのため、作品の種類別の展示ではなく、年代順に見せることで歴史の流れを体験できるように構成されているのだと、ウィム・パイベス館長は説明した。
そして「国立美術館は、世界屈指のコレクションを誇る美術館です。世界各国から見に来てほしい。けれども、オランダ社会にとっても、自国の歴史を学ぶためのミュージアムとして機能していきたいと考えています。私は、オランダ中の子供達みんなに、我が国が誇る最高傑作であるレンブラントの「夜警」を見てほしいと思っています」と、芸術教育にも貢献したい意向を強調していた。

館内の様子は、次回に続きます。
(下の写真のような光景が、美術館中で繰り広げられた)

_DSC5410

photo: (c) studio frog