Rijksmuseum アムステルダム国立美術館 2

スライドショーには JavaScript が必要です。

当初からレンブラントの「夜警」を飾る美術館として設計デザインされた国立美術館が、その扉を開けたのは1885年のこと。
アムステルダム中央駅も手がけた建築家カウペルスの傑作である同美術館は、「夜警」を祭壇に飾るイメージがベースになった、文字通りの「芸術の殿堂」である。壁を彩る装飾もまた、建築との統一感を持たせるべくカウペルスが考案したものだった。
だが前世紀のモダニズムの風が吹き始めると、当時の館長は壁を白く塗り替えることを決断。美しい装飾は、ペンキに覆われてしまったのである。
専門家の中には、「壁を白くしてしまったことによって、美術館の外観と内観を結びつけていたリンクが切れた」という言う人もいた。
今回の改築では、この壁の装飾も美しく蘇っている。

館内には80の展示室があり、展示されている世界屈指の芸術品やオブジェが、800年分のオランダの歴史を物語っている。
館長の言葉にもあったが、このミュージアムは、美術館であるだけではなく、歴史を物語る博物館でもある。中世の武器が絵画と共に展示されていたり、彫刻や調度品とを組み合わせることで、それぞれの時代の特徴や物語が前面に打ち出されている。
上階の近代のコーナーでは、モダニズム時代の「デ・スタイル派」の作品や当時のアートと並んで、1918年に製造された飛行機も展示されている。そして特に強く印象に残ったのは、アウシュビッツの強制収容所で着られていた縦縞の囚人服と、その持ち主の家族アルバムだ。時代の「証人」として、同時代のアートの背景を克明に物語っていた。個人的には、この近代コーナーがとても興味深かった。デ・スタイル派の作品の数々や1960年代に登場したスキポール空港の案内板(トータル・デザイン作)、先鋭の若手デザイナーヨーリス・ラールマンの「ボーンチェア」のプロトタイプや模型も展示されていて、「時代」というアングルから一望することでこれまで知っているつもりでいたデザインの違う側面も見えた気がした。

1968年に作られたフェルディの「Wombtomb」(フェイク・ファーの棺のようなオブジェ)もあった。フェルディは、私がアートアカデミーの学生だった頃に大好きなアーティストだったのだが、彼女に対する評価は非常に割れていることも聞いていたので担当の学芸員に尋ねてみると、「この作品の展示については、大きな論議がありました。けれど、1960年代の最大のムーブメントであった”ヒッピー文化”を象徴するには、彼女の作品が最適であると考えて、これを展示しています」と説明してくれた。

アートで綴る800年。
アムステルダムに来るチャンスがある人は、是非!
新しくできたアジア館には、対の仁王像や、出島の模型もあります。

 

photo: (c) studio frog