アムステルダムの桜 続編

ウィレム・アレキサンダー皇太子の即位式まであと4日。
ホテル・オークラ・アムステルダムの近くの桜並木は、満開を少しだけ過ぎた感じです。

去年は、写真を撮っていたら「この花はサクラという日本の花だよ」と教えてくれるオランダ人がいたが、今日は「何年も見ているのに、いまだに花の名前がわからないんだ」と言う男性と会った。「この近くに住んでいて、毎年きれいなだーと思って見ているんだけど、君はこの花の名前知っている?」
そう話しかけてきたのは、とてもお花見を楽しみそうなタイプには見えない男性。サクラという日本の花だと言うと、「ゴッホが絵に描いた花でしょう?」と彼。それはアーモンドの花だと言うと、「どこが違うの?」と聞かれて困った。たぶんちょっと違う。よく似てるけど。

私は日本の皇室にはほとんど関心がないのだけれど、雅子様が即位式に出席するというニュースを聞いて、少しだけググってみた。
適応障害とか、11年ぶりの公務とか、今まで知らなかったニュースと共に、びっくりするような批判の言葉も・・・
オランダの朝のラジオ番組でも、雅子様が即位式に出席するというニュースが取り上げられていた。ストレスのことや男の子の世継ぎを生まなかったことなどと共に、日本では女性は天皇になれないことなどが説明された。プレゼンテーターは驚いて、「オランダでは3代も女王が続いていたので、男性の国王で大丈夫?なんて思ってしまうけれど、日本は逆なんですねー」と言っていた。テレビの番組でも、「男性国王に、包容力を持って国をまとめることはできるのか?」なんてことが話題になったり。123年女王の存在に慣れ親しんだオランダ人にとって、男性国王の誕生はまだ奇妙な感じがぬぐい去れないらしい。けれども4月30日の即位式から1ヶ月もすれば、もう誰も「”男性の”国王」なんて言わなくなるに違いない。

追伸:写真の一枚に、緑色の南国のインコが写っている。なぜかたくさんいて、よく群れを成して飛び回っている。人間だけではなく、鳥の世界もマルチカルチュラルだ。

photo: (c) studio frog