ブリュッセル

_DSC8923

6月27日、28日の2日間、EU首脳会議の舞台となっているベルギーの首都、ブリュッセル。全くの別件だけれど、私も今週は何度もブリュッセルへ通った。

アムステルダムからは電車で約2時間50分。特急タリスに乗れば、1時間50分で着いてしまう。自由奔放ながらも「管理され尽くしている」感が強いアムステルダムから行くと、街が混沌として見える。国際列車が発着するブリュッセル南駅の周辺も、几帳面で開発好きのオランダ人ならばこの状態で放っては置かないだろう・・と思わせる様相。アムステルダム在住の私にとっては、フランダース地域のアントワープやブリュージュなどでは感じない「外国」感がある。

物乞いの多さにも驚いた。外国人、移民の数もとても多く感じられた。
小さな裏路地にいくと、たちまちおしっこのニオイが立ち上った。そんな廃れたエリアの地元カフェをのぞくと、くたびれた感じの白人のおじさんたちが朝8時からビールを飲んで、すっかりできあがっている。ブリュッセルきっての観光名所「グラン・プラス」広場周辺の路地でも、早朝にはホームレスたちが徘徊していた。おとぎの世界のファンシーなイメージがあるブリュッセルだが、ここはフランス語圏のワロン地方と、オランダ語圏のフランダース地方とに完全に分裂した国の首都。そんな引き裂かれた感じが、この街に凝縮されているような感じすらした。

それでもなぜか、私はブリュッセルが好きだ。この空気感こそが、移民が集まる「マルチカルチュラル」な都市の自然な姿に見えるからだ。差別し差別されながら、移民の人々が小さな街でひしめいて暮らしている感じ。義務はさておき、権利だけは声高に主張するオランダのメンタリティとは一風異なる、あきらめ感とあいまったしぶとさを感じた。
私自身が移民だからか、他の街に行くと、移民たちがどう生きているのかに関心が向く。そんな移民たちの様子からは、「街の本音」が垣間見れるものだ。

今回は、この街でとても素敵な移民の女性と、移民2世の男性と知り合った。
女性は、シリア生まれのパレスチナ人。男性は、シリア系トルコ人移民の2世。彼らの生い立ちや幼少時代の話、シリアにいる家族の話などを聞き、「遠くの国での出来事」という感がぬぐえなかったシリア紛争が、一気に「隣人の惨事」に感じられた。パレスチナ人の女性は、「自分の生い立ちから、当然のこととしてシリア問題に取り組み、呼びかけをしている。ブリュッセルは混沌としているけれど、真にマルチカルチュラルな街。活動の拠点としてもよい街だし、人々の理解も深い」と言う。男性の方は、トルコのアンタキアという街を故郷とする人。両親がアンタキア出身のシリア系で、「子供の頃は、休暇の度にアンタキアへ行っていた。ユダヤ人、クリスチャン、ムスリムが平和に共存する美しい街だった。だが今では、世界中から集まる過激派ムスリムのジハーディストのトレーニングキャンプができ、シリア前線へのゲートウェイになってしまった」と説明してくれた。(彼らの話は、折を見て詳しく紹介します)
移民が集まる街には、世界中の問題も集まる。偶然の巡り合わせで「隣人」となった遠い国の人々の話に、私はもっと耳を傾けたいと思った。

追伸:
写真は、有名な蚤の市「フォッセンマルクト」。身寄りの無い故人の家財道具を一切合切広場に並べているような雰囲気で、見知らぬ人のアルバムや写真、不思議な絵などが売られている。個人的に、ブリュッセルの一押しスポットです。
(この市場で売られている、あまりにも不思議で不気味なポートレートの数々をまとめてこちらにアップしてみました)
追加訂正→フォッセンマルクトはオランダ語名で、フランス語だと「ジュ・ド・バル広場」の蚤の市と言うそう・・・

(C) studio frog