即位式を飾った花

2ヶ月前に世界を沸かせたオランダの即位式。「今更即位式の話題ですかー?」という声も聞こえてきそうですが・・・それでも!ちょっとだけ気分を戻してご報告。

即位式(4月30日)の翌日と翌々日、新教会は式のセッティングをそのままに一般公開した。5月2日の早朝、一般プレスのための公開時間が設けられたので見学してきた。
教会内のフラワーアレンジを手がけたクサンダー・ザイルマンス氏もいらしていて(男性3人の写真の中央)、園芸業界誌のジャーナリストたちの取材を受けていた。私もちゃっかり便乗して、お話を拝聴。

「このような行事の場合は、さまざまな点を考慮しなければなりません。まずは、この教会の雰囲気にマッチすること。テレビカメラを通して世界中で見られることが前提であること。そして、世界各国から国賓が集まるため、特定の意味やイメージを持つ色を避けることも大切です」と、カラープランが重要であったことを強調していた。

「例えば教会の壁は白っぽいので、白い花を使えば、建物との統一感が出ると思うかも知れませんが、壁の色は正確に言えば砂色。所々に白を混ぜるとそこだけ色が抜けたように見えてしまう上に、テレビカメラを通して見るとそれは非常に目立ちます。その他、赤のように”情熱”とか”情愛”などイメージが定着している色や、タイで黄色が特別な色であるように、ある国で特定の意味を持つ色も避けます。そして男性国王の即位式であることから、重厚なイメージ、さらに春という季節感も大切にしました」と説明。そしてこれらの花を手配をした業者の担当者が、「普通は、花は蕾の状態で購入しますが、今回は、4月30日に最も美しい状態となるように花を発注し、咲き具合を見極める必要がありました。準備期間は非常に短く、おまけに大量に仕入れる必要があったため、花の”ハンティング”は至難の業でした」と振り返った。

聞けば、クサンダー・ザイルマンス氏は、王室御用達のフラワーアーティストとか。ユリアナ女王、ベルナルド王子の葬儀、新国王の弟フリーゾ王子の結婚式の際のデザインも手がけている。

使用された花は、バラやチューリップ、グロリオサなど、合計6万本。まだまだ数日間はこの美しい状態を保っただろう花々は、この日の晩に撤収された。ザイルマンス氏は、自らの大作をしみじみと眺めながらも、「(今夜撤収してしまうのは)残念ですが、命が短いのが花ですからね」と満足そうに笑った。

(C) studio frog