平均身長世界一の国で(WORLD FOOD FESTIVALにて) 

_DSC2069

_DSC2076
(左から:Marije Vogelzang, Arne Hendriks, Sita Bhaumik, Susana Soares, Koert van Mensvoort)

あるデータによれば、オランダ人男性の平均身長は183センチちょっと。一方女性はほぼ170センチ。オランダ人は男女とも、平均身長の高さでは世界一だ。

私は164センチ。オランダ基準では小柄な方。主人は174センチで、オランダ人男性としてはかなり小さめ。そんなわけで(?)息子もとても小柄で痩せている。けれども非常に筋肉質で活発、病気らしい病気をしたことがない健康児だ。

何年か前、息子の定期検診で保健所に行った時のこと。
一通りの測定をした後に保健婦さんが、”重要な知らせがある”と言った面持ちで、息子の「予想成長曲線」を見せてくれた。このままでは、息子の身長は170センチそこそこしかいかないと予想される、というのだ。
「主人も私も小柄なので、170センチって妥当な感じもしますけど・・・」というと、「一度ホームドクターと相談してみたら?もしかすると成長ホルモンが足りないのかも」と言われ、「いやいや、健康そのものなんだから、このままでいい」と私。それでも「いや、でも男性の平均は183センチ以上よ。彼の年代の平均はもっと高くなるはず。相談するだけしてみたら?」と押されてびっくりした経験がある(あなたたちが大きすぎるのよ・・比べられても困るな・・・と思ったのをよく覚えている)・・・・・

・・・と、ここまでは前置き。

先日、9月18日から10月27日までロッテルダムで開催されているWORLD FOOD FESTIVALに行ってきた。文字通り、「食」をさまざまな角度から考察するフェスティバルだ。

大好きなアーティストTINKEBELL(ティンカベル)が制作したドキュメンタリーも上映されている。この中で彼女は、推定30年から100年の間に肥料の原料となるリン資源が枯渇するという危惧を説明し、一刻も早く、リン資源再利用や代替え案にグローバルレベルで取り組んで行く必要があると訴えている。

「食のデザイナー」として知られるMarije Vogelzang(マライエ・フォーゲルサング)も、同フェスティバルでキューレーターとして大活躍。「食」というテーマの周辺で活躍するデザイナーやアーティスト4人を招いて、ディベートも開催した。ここでは、将来の食やその問題点、クリエーターに果たせる役割などがオープンに語りあわれた。
このディベートには、アーティストのArne Hendriks(アルネ・ヘンドリクス)も参加していた。アルネは、とてもユニークなプロジェクトを展開するアーティストで、現在は「The Incredible Shrinking Man」というプロジェクトに取り組んでいる。この中で彼は、地球上にある資源や食糧はそこをつき、70億人を超える世界人口をまかなうには到底たりない。都市では居住空間も足りない今、人間はより短身になり環境への負荷を減らす努力をするべきだと言う。科学的なデータと創造性をユーモラスにミックスしていて、時には思わず吹き出してしまうのだけれど、明解なメッセージがしっかりと受け手に届く興味深いプロジェクトだ。
彼はこう説明する。「なぜか現代の人は、長身なのがよいことだと感じているし、長身が健康の象徴だと考えている。お母さんたちは子供に、”ほら、いっぱい牛乳飲まないと背が伸びないわよ”と言うでしょう?長身=ベターというアイディアは、子供のしつけにまで浸透している。例えばみんなが、短身のほうが環境と地球のためによく、よりサステイナブルであると考えをシフトしたら、”ほら、もっとホウレンソウジュースをいっぱい飲まないと(ホウレンソウには成長を抑制する成分が入っているそう)大きくなりすぎちゃうわよ!”と言うようになるはずだ」。
人の身長は、さまざまな要因によって決まる。彼の調査によると、そのうち、食べ物の影響による作用は約15%だ。

彼がスピーカーとして参加したカンファレンス「TED」の中でも、人の身長が伸びると、その容積や重量は倍増していくことを説明している。そして、必要とする資源や食糧、空間も倍々増していくのだ。

何かを大規模に変革するためには、最終的には、政治、教育、産業といったものがグローバルレベルで一丸となることが不可欠。「僕たちアーティストやデザイナーにできることは、”エリート趣味”の範疇を超えられないかも知れない。だが、それでも人々が当たり前と信じている固定概念に問いかけ続け、再考する機会をつくっていくことは意義のあることだと思う」と言う。

数年前にあったあの保健婦さんにも、是非この話を聞いてほしいと思った。

<マライエ・フォーゲルサングについて>
2008年のもので少し古いけれど、彼女の初期の代表的なプロジェクトについてまとめた記事はこちら(↓)

(c) studio frog