ヘルト・ウィルダース論争  1

_DSC1418k

3月19日の水曜日、オランダのほとんどの市で市議会選挙が行われた。

知り合いの日本人ジャーナリストに「水曜日に選挙なんてやって、人は来るの?」と聞かれ、これまで疑問にも感じなかった「選挙日=水曜日」について、改めて調べてみた。

オランダでは、市議会選も全国選挙も、たまの例外を除いて水曜日に行われるのが普通。なんでも、選挙は日曜日以外ならばいつ行っても良いと定められているそう。もちろんキリスト教徒への配慮だ。
そうなると、ムスリムやユダヤ人も多いオランダでは、金曜日、土曜日も外そうと考えたに違いない。
「月曜日は週明け初日ということで、仕事が忙しいと予測されるので適さない。金曜日は週の最後だからみな忙しいだろう。土曜日は買い物で忙しいだろうから適さない」という記述もあった。
けれども、水曜日でなければならない理由はどこにも見当たらなかった。
投票は夜9時まで行えるので、あまり熱心に残業をしないオランダでは仕事帰りでも十分間に合う。
今回の選挙では、投票しているところの「自分撮り(セルフィー)」写真がネットにたくさん出回った。国会議員、政治記者らのセルフィーもあり、みな半分呆れながらも、やっぱり楽しんで見ていた様子。

連立政権を成す自由国民党と労働党が、大きく議席を失った。特に労働党は大敗。逆に一番の勝者は、中道の民主66党だ。60年以上労働党が最大だったアムステルダムでも、民主66に最大勢力の座を譲った。選挙結果は、ざっくりとこんな感じである。

だが、今市議会選挙には強烈な後日談がある。今オランダのメディアは、その論争で持ちきりだ・・・・・
(続く)

写真は、長くて大きな候補者リスト。用紙は、確か長辺が六つ折り、短辺が二つ折りなので、写っているのは全体の約1/4(たぶん)。赤鉛筆で丸の部分を塗りつぶす。