アムステルダム上空を横切る黒い雲

最近、早朝と夕方になるとけたたましく頭上を横切る黒い雲。
「ホシムクドリ」という鳥の大群だ。
年中みかける鳥だけれど、渡り鳥らしい。

餌を食べに来るのか、渡りの準備をしているのか、とにかく1日に2回巨大な一匹の生物のようにアムステルダムの上空を駆け抜ける。
デンマークでは、「黒い太陽」という異名をもつと言うホシムクドリの大群。
素早くも浮遊するようにゆらゆらと方向転換をしながら、小群が集まったり分散したりするダイナミックなダンスは幻想的だ。

だが、しかし・・・・
彼らが飛び去った後は、そこら中がフンだらけになるし、中庭を囲む集合住宅の最上階の我が家では、定期的に鳥の死骸がベランダにバタリと音を立てて落ちてくる。
困ったものだ。

おまけに、ベランダにおいてあるバラの大鉢では、いつの間にか鳩が2つのタマゴを抱卵している。このタマゴだけは最後まで見守ることにしたが、今後はなんらかの対策をしなければいけないかも・・・

最近のアムステルダムでは、鳥の害が深刻化しつつあるらしい。

_DSC2345