美しいタイルで飾られたトンネル、カウペルスパサージュ

昨年11月のこと。 アムステルダム中央駅北側にあるフェリー乗り場と市内を直線距離で結ぶトンネルパサージュが開通した。 「カウペルスパサージュ」と名付けられたこの110mのトンネルは、自転車と歩行者の専用道で幅は10m。 双方向の自転車道と歩道が明確に区分され、「便利で安全」と市民の評判は上々の様子。 そんな実利性と並んで話題になっているのが、トンネル内壁を飾る美しいタイル装飾だ。 中世の画家コルネリス・バウメーステルが描いた海洋絵画をモチーフに、グラフィックデザイナーのイルマ・ボームがタイル画をデザイン。 オランダ最古の窯元ティへラー社がこれを制作した。全て手描きで、各タイルは壁面のカーブに沿ったフォルムに成形されている。 使用されたのは13cm四方のタイルで、合計77730枚。 街側からフェリー乗り場があるアイ湖側へ向かうに従いだんだんと色調が淡くなり、幻想的な雰囲気を醸し出している。 外の光と同調するように見え方もかわり、トンネルという閉鎖的な空間に心地良い開放感を演出。 毎日約15000台の自転車が行き交うこのパサージュ、圧巻の巨大アートとして新観光名所になりつつある。