クリエイティブディレクターが提唱する「失敗のススメ」=エリック・ケッセルス

少し前、6月15日売りのPEN「クリエーターの愛用品」特集の記事をつくるために、クリエーティブエージェンシーKesselskramerの主宰者エリック・ケッセルスから話を聞いた。今回は、その時のこぼれ話。

エリックと言えば、世界中の蚤の市や骨董品店で見つけた昔のアルバムや写真から新たな物語を紡ぎ出す達人。それらは、”USEFUL PHOTOGRAPHY”, “IN ALMOST EVRY PICTURE”など、写真集シリーズとして出版されているほか、展覧会にもなっている。最近では、「アルバムビューテー」という家族アルバムをテーマにした彼の巡回展が、宮城県塩竃で開催されていたらしい。

世間に浸透しきった価値観を疑うことなく受け入れ、おまけにそれにがんじがらめになっていると、「完璧中毒症」になってしまうと言うのがエリックの持論だ。その最大の弊害は、新しい価値観や世界観を生み出さないこと。そして挙げ句の果てに「不完全」なものに対する不寛容さを増長する。
「もっと失敗しようよ」と長年言い続けてきたエリックが先頃、その哲学をとてもわかりやすく、しかも(ブラック)ユーモアたっぷりなシャープな表現で綴った「FAILED IT!」(PHAIDON)という本を出版した(英語)。「失敗のススメ」とも言える一冊。失敗は、それを嘆くかわりにインスピレーション源にし、これまでになかったユニークなものを生み出していこう!と、歴史上の偉人たちの言葉を交えて説いている。「真のクリエーションのためには、大恥をかくことだっておそれるな!」という痛快な呼びかけに、背中を押される読者も多いに違いない。日本語訳も早く出るとよいと思う。

脱!完璧中毒症 Fail to Find Inspiration

IMG_1096
アートディレクターやデザイナーなど、クリエーティブな仕事に携わる人に向けて書かれたというこの本。各チャプターは、短い文章と写真で構成されている。
例えば、「巨大な指の襲撃」というチャプターでは、カメラレンズの前に指がつきだしてしまった写真シリーズを例に、一見「不完全」と思われるようなものの中に新しいポテンシャルが潜在していることを説いている。
スマフォやコンデジで写真を撮る時、うっかりレンズ前に指が覆い被さっていたという経験はおそらくほとんどの人にあるはず。カメラが小型化するほど、このリスクも上がる。
大きさや肌の色、構図もさまざまなピンぼけの指の写真をずらっと並べて見ると、なんだか別次元の現実が立ち上がっているようで妙にシュールだ。
・・・このような写真は、近年消去されることはあっても保存されることは希だ。(中略)だが、パーフェクトではない写真というものは、あとになってはじめて、あながち失敗とは言い切れないことがわかる。それは「別物」の誕生なのである。・・・

当たり前でないものを見る時のほうが、人はファンタジーを働かせる。見る人の内面に何も起こさないまま、そこそこの心地よさとともに通り過ぎていくようなクリエーションは、エリックにとっては「退屈」なのだ。そして「そんな退屈なものが良いといわれる世間の価値観」も、もっと疑っていかないと、とエリックは示唆する。

この本の紹介用にもポートレートを撮らせてねと頼むと、「じゃあ、まるで何事もなかったかのような顔して本は逆さまに持たないとね」とエリック。うんうん、そうしよう!と彼のデスクがある2階へ移動して、さあ、とカメラを構えて数枚撮ったところで、同僚ふたりが上がってきた。カメラを構える私を見つけてびっくり!私もびっくり!
でもこの記事にはこの写真がぴったりなので、こちらも採用・・

_DSC7248