今の、オランダの人口

オランダの人口を正確に知りたくて統計局のサイトを見たら、今現在の人口は17,063,839人だった。一の位まで表示されていると、数字の中に自分や家族の存在が認識できてなぜか嬉しい。
ここにある記述によると、週末よりもウィークデーに、冬よりも夏に、不景気よりも好景気により多くの子供が生まれるらしい。
平均すると毎日465人の赤ちゃんが生まれ、405人の人が亡くなる。
毎日平均540人の外国人移住者がやってきて、405人の外国人移住者がオランダを去る。
そんなこんなで、オランダの人口は毎日平均200人ずつ増えている。
最近では難民問題が大きく取り上げられているけど、この国で受け入れている総人数も365で割ってしまえばそれほどの数ではないだろうから、来年以降の統計がビックリするほど変わることもないんだろうなと想像している。個人的な想像だけど。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-13-8-17-21

Centraal Bureau voor de Statistiek

35歳以上の女性の出産に関するグラフもあった。

濃い緑が第一子、薄い緑が第二子、濃い青が第三子、薄い青は四子目以上。
1950年には、35歳以上の出産の約7割が4人目かそれ以上の子供。
1975年になると、一人目と二人目の割合がぐんと増える。
そして2015年には、一人目が25%を超える。
オランダは、ヨーロッパ屈指の高齢出産国だ。

なーんて書いている間にも、人口は増えている。
途中でコーヒー入れてお皿を洗って1時間と10分たった今は、17,063,881人。
カウンターの一の位は増えたり減ったりしながらも、最終的に少しずつ増えていく。

読み直してもう一度カウンターを見たら、あっという間に6人増えていた。