ディア・アムステルダマース

_dsc7634「ディア・アムステルダマース、悪いお知らせがあります」

1月27日、ファン・デル・ラーン市長(1955)から市民へ宛てたオープンレターはこう始まった。
肺がんが転移していて、「希望的になる理由が見当たらない」診断結果が出たという報告だった。そして責任をしっかりと果たせるように手配をしつつ「まだしばらくはみなさんの市長でいます」とあった。

ファン・デル・ラーン市長は2010年、スターっぽい雰囲気のあった前コーヘン市長の後任として就任した。当初はちょっとロスト・コーヘン感にひたったりもしたが、そんな気分はたちまち消滅。出しゃばらない雰囲気ながらも、人々の声に公平公正に耳を傾け市民に寄り添うその人物像が広く浸透し、彼は圧倒的な存在感と信頼感で人気を高めた。

「アムステルダマー」とは、アムスっ子のこと。
「ベルリナー」や「ニューヨーカー」と同じだ。

私個人の印象だけど、ファン・デル・ラーンは、この街に住む人々に、とても強く、かつ平等に「アムステルダマー」というアイデンティティを与えた。
オランダ人ではなくても、この街で生活し社会と繋がる全ての人を親愛の念を込めて「アムステルダマー」と呼ぶ市長。国際プレスが集まる場ではいつも、「アムステルダムは、180カ国以上の国籍の人々が住むマルチカルチュラルで多彩な街」と誇らしげに語っていた。そんな市長は、モロッコからの移民であるロッテルダム市長同様、右傾して排他的な方向へ進み始めている社会の中で「賢明な架け橋」となるために多大な努力をしている。

市長からのオープンレターは市役所のサイトに掲載され、すぐに全国ニュースでも取り上げられた。
「ディア・アムステルダマース」という宛名の中に自分自身を含んで、この悪い知らせを読んだ“外国系市民”は私だけではないだろう。

(写真は、2014年のゲイパレードの会場にて。市民に混ざって、ビールを片手に見学していたファン・デル・ラーン市長)