Vincent van Goghの風景

去年の夏のことだけど、ゴッホの足跡を辿る取材旅行に参加させてもらった。
雑誌PENの2016年11月1日号「ゴッホ、君は誰?」という特集のため。
今更ながらだけど写真をアップしてみる。
この特集は、普通のゴッホ特集とはちょっと違う。今でもバックナンバーは購入できるはず。

実はこのルートをまわるのは2度目なんだけど、一番印象に残ったゆかりの地は前回同様フランスのオーヴェール・シュル・オワーズ。終焉の地だけあって、彼のスピリットがまだそのへんに居る感じがした。ゴッホと弟のテオは、この村の墓地にならんで眠っている。

ゴッホは弟らとかわしたたくさんの書簡の中で、作品や技術、テーマについて詳しく説明している。それが本やTVなどでも広く紹介されているため、この画家のことはなんだか随分とたくさん知っているような気がするんだけど、でもそれは「気がするだけ」。発見は絶えない。

お話をうかがったウィレム・ファン・ゴッホさん(ヴィンセントの弟テオのひ孫)もおっしゃってたけど、ゴッホの絵は人間の感情のとても深い部分を掘り下げて探求して表現しているから、見る側のその時の心持ちで感じ方も大きくかわる。彼が描いた場所に立ってみることもそれと同じ。前回とは随分と違った印象や洞察があったのは、きっと私の心持ちが違っていたからなんだろう。

特にサン・レミやオーヴェール・シュル・オワーズでは、長いことちょっとススを被ってしまってた「(なにかを)つくりたい」と思う気持ちが浄化されていくような感じがして新鮮だった。また今度、ゆーっくりと行ってみたいと思う。

実はこの取材旅行が始まってすぐに、カメラを抱えたまま頭からすっころんで口の中をざっくりと切り、旅行中ずっと顔が腫れて痛んだ。カメラが壊れなかったことと、歯が折れなかったのが不思議なくらい派手な転倒。まわりの人たちにはとても優しくしてもらったけど、いい年してとにかく情けなくてトホホな感じ。ゴッホが折に触れて味わっただろう究極の「トホホな感じ」とは到底比べものにならないけど、ひたすらワクワクと楽しかった前回の取材旅行とは決定的に違う心持ちだった。今回の新鮮な発見の数々は、もしかすると文字通りケガの功名だったのかも・・

photo's (c)studio frog. all rights reserved.